ウラナイで笑えるか

お笑い芸人を占うことで、占いの奥深さを知っていただきたい。     ※リンクフリーです。気軽にコメントください。★マークがタイトルについているものが、正規のブログです。

★(6)お笑い界3組のカリスマから分かること

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

前回までのブログでは、お笑い界のカリスマ3組について検証を重ね、その結果、カリスマになるためのいくつかの条件を発見することができました。

そして今回、その3組の検証結果から導き出される「ある結論」についてお話したいと思います。

では先に結論から言いますと、

「これから先も、お笑い界にカリスマは出て来ない」

つまり、ツービート、ダウンタウン爆笑問題でカリスマの出現は打ち止めということです。では、なぜそうなるのか、実は、答えはあっけなく出るのす。それは「占星術」の視点で見れば一目瞭然だからです。

では、それぞれのコンビを星座で見ていきましょう。

「ツービート」
 ビートきよし  やぎ座
 ビートたけし  やぎ座

ダウンタウン
 浜田雅功   おうし座
 松本人志   おとめ座

爆笑問題
 田中裕二   やぎ座
 太田光    おうし座

と、ここまで見ると、これまでのブログを読んだ方で勘のいい方ならお分かりになると思いますが、

「ボケの3人で地のエレメントが全て揃っている」のです。

地のエレメントというのは、以前にも解説しましたが、やぎ、おうし、おとめの3星座です。これが現在の日本のお笑い界において、全て、出揃ってしまっているのです。

(もちろん、ツッコミを見ると全てではありません。しかし、お笑いにおいてやはり重要なのはボケであり、この3組においての基本であるところの漫才のネタは全てボケの人間が書いていますので、やはりボケを見ることが重要だと思います)

占いマニアの私としては、爆笑問題がブレイクして1年後(2000年頃)くらいにこの法則に気づきました。まあ、それでもさすがにしばらくすれば出てくるだろうと思っていたのですが、2013年現在出てくる気配はありません。

やはり、全てのエレメントが出揃ってしまったからなのでしょうか。

おしいコンビはいたのです。例えば、2丁拳銃

川谷修士  1974年5月17日 おうし座、水星人
小堀裕之  1974年1月 9日  やぎ座、木星人

このコンビ、星座でみると、同じ「地のエレメント」同士なのですが、ボケの小堀がツッコミの川谷よりも前の星座であるため、カリスマの条件に合致していません。また六星占術でも、同じ星人ではありません。
ゆえに、これまで見てきた法則どおり、カリスマには現在なっていません。
それでも個人的には、ビートたけしに次ぐ、やぎ座ボケの出現であったため、かなり期待していたのですが。

そしてもう一組は、Take2。

深沢邦之  1966年 9月15日  おとめ座、金星人
東貴博   1969年12月31日   やぎ座、金星人

あらためて検証してみると、めちゃめちゃおしいコンビでした。星座でみると、同じ「地のエレメント」であり、且つボケがツッコミの1つ後ろの星座ですので、第一条件はクリアしています。また、共に「金星人」でもあり、第二条件もクリアしています。ただ、もう1つの条件がクリアできていませんでした。

このコンビ、同い年ではありません(第5回を参照)。

ゆえに、やはりこのコンビもカリスマには現在なっていません。

(注:ここで、実はもう一つカリスマの法則があります。それは奇数年の生まれ、というものです。ビートたけし1947年、ダウンタウン1963年、爆笑問題1965年と全て奇数年の生まれです。ただし、次のカリスマが偶数年コンビの可能性もありますし、後述しますが、別タイプの偶数年生まれのカリスマもいるにはいますので、注として書かせていただきました)

よって、少しさみしい話にはなりますが、「これから先も、お笑い界にカリスマは出て来ない」ということが証明されました。

(注:今回の話における「カリスマ」は、コンビであり、ブレイクのきっかけが漫才であり、自身の冠番組を持っている。またネタの傾向は毒舌であるといった定義にあてはまるコンビということです。ツービート=ビートたけしダウンタウン爆笑問題はこれらの条件に合致していると筆者は考えています。そういったタイプのカリスマは出てこないという話です)


ということで、こうして見ていくと、かなり「占い」とうものが「お笑い界」を支配しているということが、理解していただけたのではないでしょうか?

もしかして「占い」はスゴイんじゃないか? そう思っていただけると、ありがたいです。

ただし、これは1つの目安ですので、あまり深刻に受け止める必要もありません。

でも、法則性のようなものはあるよなあ。

そうなのです。実は、他にもカリスマとなる条件があったのです。

それは何か? ということで、次回は、かつてダウンタウンと人気を二分したコンビ「ウッチャンナンチャン」について分析していきます。




続く…。


※楽しんでいただけたという方は
コチラ↓



西洋占星術 ブログランキングへ


を押していただけると、ありがたいです。

よろしくお願いします。









スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://katurabunpitu.blog.fc2.com/tb.php/7-496a56f7