ウラナイで笑えるか

お笑い芸人を占うことで、占いの奥深さを知っていただきたい。     ※リンクフリーです。気軽にコメントください。★マークがタイトルについているものが、正規のブログです。

スポンサーサイト

Posted by りゅう on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★(3)ダウンタウンを占う、そして… 

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

前回まで、ダウンタウンがいかにスゴイのかについて語ってきましたが、今回はそんなダウンタウンに匹敵するコンビが実はいた。というお話です。

それはズバリ、爆笑問題です。

まあ、だいたい想像のついていた方もおられるとは思いますが、そうなのです。では、どれくらいスゴイのか、順番に見ていきましょう。

まずは2人の生年月日から。

田中裕二 1965年1月10日生まれ
太田光   1965年5月13日生まれ

ということで前回と同じく─その1占星術─で見ていくと

田中裕二  やぎ座
太田光   おうし座

ということで、実は彼らもまた、ダウンタウンと同じ

地のエレメント

に属しています。しかも、ダウンタウンが、おうしがツッコミ、おとめがボケという関係性に対して、爆笑問題は、やぎがツッコミ、おうしがボケという関係にあり、実はやぎ座というのはおうし座の1つ前にある星座であり、「ボケの1つ前の同じエレメントがツッコミ」という意味ではまったく同じ関係になります。

これだけでもスゴイのですが、実はさらにスゴイことがあります。同じく─その2─六星占術─で見ていくと

田中裕二 61つまり1(60を超える数字は60を引く)
太田光   64つまり4 

1~10までは同じ星人で、土星人です。ということで2人とも土星人なのです。

ここまでをまとめると、

●同じ星座のエレメントのコンビである。しかも地のエレメント
●六星で見ても同じ星人同士である

ということになります。さすが六星の計算後の数字まで一緒ということにはなりませんでしたが、ここまで共通点があるというのは、偶然とは思えません。

しかし、実はこの2組のコンビには1つの「違い」があるのです。

それは何か?

次回に続く…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。