ウラナイで笑えるか

お笑い芸人を占うことで、占いの奥深さを知っていただきたい。     ※リンクフリーです。気軽にコメントください。★マークがタイトルについているものが、正規のブログです。

ビートたけしさんの心境は?

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

ビートたけしさん

少し前にいろいろあったようですが、本当のところはどうなのでしょう?

タロットで占ってみました。


真実は違っていたようです。


↑(リンクです) ぜひ一度読んでみてください! (右リンクの「あの人に聞いたろっと」からもどうぞ)


【スマホの方はパソコン版に変更だと読みやすいです】

※新企画は、もう少ししたら書きます。鋭意準備中。




スポンサーサイト

ビートたけしさんをタロットで

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

姉妹ブログ 「あの人に聞いたろっと」。

ちょっと時期はズレましたが、不倫騒動の渦中にある

ビートたけしさん

を占ってみました。

現在はどのような状況なのでしょうか?


けっこう意外な結果でした。


↑(リンクです) ぜひ一度読んでみてください! (右リンクの「あの人に聞いたろっと」からもどうぞ)


【スマホの方はパソコン版に変更だと読みやすいです】



★(6)お笑い界3組のカリスマから分かること

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

前回までのブログでは、お笑い界のカリスマ3組について検証を重ね、その結果、カリスマになるためのいくつかの条件を発見することができました。

そして今回、その3組の検証結果から導き出される「ある結論」についてお話したいと思います。

では先に結論から言いますと、

「これから先も、お笑い界にカリスマは出て来ない」

つまり、ツービート、ダウンタウン爆笑問題でカリスマの出現は打ち止めということです。では、なぜそうなるのか、実は、答えはあっけなく出るのす。それは「占星術」の視点で見れば一目瞭然だからです。

では、それぞれのコンビを星座で見ていきましょう。

「ツービート」
 ビートきよし  やぎ座
 ビートたけし  やぎ座

ダウンタウン
 浜田雅功   おうし座
 松本人志   おとめ座

爆笑問題
 田中裕二   やぎ座
 太田光    おうし座

と、ここまで見ると、これまでのブログを読んだ方で勘のいい方ならお分かりになると思いますが、

「ボケの3人で地のエレメントが全て揃っている」のです。

地のエレメントというのは、以前にも解説しましたが、やぎ、おうし、おとめの3星座です。これが現在の日本のお笑い界において、全て、出揃ってしまっているのです。

(もちろん、ツッコミを見ると全てではありません。しかし、お笑いにおいてやはり重要なのはボケであり、この3組においての基本であるところの漫才のネタは全てボケの人間が書いていますので、やはりボケを見ることが重要だと思います)

占いマニアの私としては、爆笑問題がブレイクして1年後(2000年頃)くらいにこの法則に気づきました。まあ、それでもさすがにしばらくすれば出てくるだろうと思っていたのですが、2013年現在出てくる気配はありません。

やはり、全てのエレメントが出揃ってしまったからなのでしょうか。

おしいコンビはいたのです。例えば、2丁拳銃

川谷修士  1974年5月17日 おうし座、水星人
小堀裕之  1974年1月 9日  やぎ座、木星人

このコンビ、星座でみると、同じ「地のエレメント」同士なのですが、ボケの小堀がツッコミの川谷よりも前の星座であるため、カリスマの条件に合致していません。また六星占術でも、同じ星人ではありません。
ゆえに、これまで見てきた法則どおり、カリスマには現在なっていません。
それでも個人的には、ビートたけしに次ぐ、やぎ座ボケの出現であったため、かなり期待していたのですが。

そしてもう一組は、Take2。

深沢邦之  1966年 9月15日  おとめ座、金星人
東貴博   1969年12月31日   やぎ座、金星人

あらためて検証してみると、めちゃめちゃおしいコンビでした。星座でみると、同じ「地のエレメント」であり、且つボケがツッコミの1つ後ろの星座ですので、第一条件はクリアしています。また、共に「金星人」でもあり、第二条件もクリアしています。ただ、もう1つの条件がクリアできていませんでした。

このコンビ、同い年ではありません(第5回を参照)。

ゆえに、やはりこのコンビもカリスマには現在なっていません。

(注:ここで、実はもう一つカリスマの法則があります。それは奇数年の生まれ、というものです。ビートたけし1947年、ダウンタウン1963年、爆笑問題1965年と全て奇数年の生まれです。ただし、次のカリスマが偶数年コンビの可能性もありますし、後述しますが、別タイプの偶数年生まれのカリスマもいるにはいますので、注として書かせていただきました)

よって、少しさみしい話にはなりますが、「これから先も、お笑い界にカリスマは出て来ない」ということが証明されました。

(注:今回の話における「カリスマ」は、コンビであり、ブレイクのきっかけが漫才であり、自身の冠番組を持っている。またネタの傾向は毒舌であるといった定義にあてはまるコンビということです。ツービート=ビートたけしダウンタウン爆笑問題はこれらの条件に合致していると筆者は考えています。そういったタイプのカリスマは出てこないという話です)


ということで、こうして見ていくと、かなり「占い」とうものが「お笑い界」を支配しているということが、理解していただけたのではないでしょうか?

もしかして「占い」はスゴイんじゃないか? そう思っていただけると、ありがたいです。

ただし、これは1つの目安ですので、あまり深刻に受け止める必要もありません。

でも、法則性のようなものはあるよなあ。

そうなのです。実は、他にもカリスマとなる条件があったのです。

それは何か? ということで、次回は、かつてダウンタウンと人気を二分したコンビ「ウッチャンナンチャン」について分析していきます。




続く…。


※楽しんでいただけたという方は
コチラ↓



西洋占星術 ブログランキングへ


を押していただけると、ありがたいです。

よろしくお願いします。









★(5)ダウンタウンと爆笑問題の違いとはPART2

Posted by りゅう on   0 comments   0 trackback

前回は、ダウンタウン爆笑問題の違いについて説明をしました。

まずは、前回までに分かったことをおさらいすると、

ダウンタウン 水星人1963年生まれ 水星人マイナスにおける種子
爆笑問題   土星人1965年生まれ 土星人マイナスにおける達成

となり、

前回述べた6つの運気に照らし合わせると、

ダウンタウンは+1
爆笑問題は  +8

ゆえに、爆笑問題のほうがダウンタウンより明らかに有利であるというところまででした。

では、なぜそれでも2組はカリスマであるのか。今回は、そのことについて触れてみようと思います。

それではまず、六星占術における水星人と土星人の基本的性格について解説してみたいと思います。

水星人は、自立心が強い「初代運」の持ち主。目上の人と縁が薄い傾向にある。ゆえに家業を継がない、早いうちに家を出るという人生をたどることが多い。つまりは、自分ひとりで行動をする。そういった人物ゆえに、コツコツ努力することにおいては、他の人とは比べ物にならない。また頭の回転も速く、集中力に優れている。

続いて土星人について。

土星人は、プライドが高く、何事も自分の力で切り開いていく。そして、どんなに忙しくてもグチをこぼさず、やると決めたらゴールまで黙々と取り組む。また、想像力に長けており、無から有を生むのは得意中の得意。卓越した表現力があるので、その言葉は千金の価値がある。

ここまでを見ていただくと、どちらの星人にも優れた点があるように思われますが、やはり大きな違いは「初代運」の部分だと思います。

「初代運」ということは、自分の代で成功をするということ。それを約束されたダウンタウンは、水星人である時点で、「他の星人より抜きんでている」ということになります。また、「初代運」のような解説をされているのは水星人だけです。それだけ水星人が特別な存在であるということも言えます。

ゆえに、爆笑問題よりもパワーの落ちる年に生まれていても成功することができたわけです。

ただし、繰り返しになりますが、星座において同じエレメントであること、エレメント同士で1つ前の星座にある人がツッコミである、六星占術で同じ星人同士、という条件はどちらも満たしていますので、それが基本的な成功条件になります。(ブログの1、2を参照)

と、ここで気になることが。

ツービートはどうなんだ?

いわゆるコンビ芸人の最初のカリスマについては?という疑問です。

では一気にいきましょう。
ビートたけし 1947年1月18日生まれ
ビートきよし 1949年12月31日生まれ

星座で見ていくと
ビートたけし やぎ座
ビートきよし やぎ座
ということで、同じエレメントでした! ただし、条件はツッコミが1つ前のエレメントですので、この時点でアウトです。

次に六星占術で見ると
共に天王星人! なのですが、1947年と1949年で同い年ではありません。

ただし、
ビートきよし 天王星人1949年生まれ 天王星人マイナスにおける再開なのですが

ビートたけし 天王星人1947年生まれ 天王星人マイナスにおける達成! なのです。

つまり、きよしさんが同い年の天王星人だったなら、爆笑問題のように、同じ星人の達成同士となるわけで、もしかするとバラバラにならず、コンビとして活躍を続けていたのかもしれないのです。 

つまり、ダウンタウンと爆笑問題の例から当たり前のことだとも言えますが、お笑い界において、コンビとしてカリスマになる条件として、同い年というのも重要なファクターであることが導きだされたわけです。


ふと、ここまでを読んで何かを気づかれた方はいらっしゃらないでしょうか?

実はこの3組を比較すると、あることが完結していることに気づくのです。

それはなにか?

そしてそのことからある推測が導き出されるのです。

ということで、次回に続く…。